クリニックの受付会計

医療レーザーや絶縁針を使った脱毛

レーザー脱毛、電気針脱毛の事を医療脱毛と言います。

医療と名が付いている事からも、医師の資格を持たない人がこれらの脱毛機器を取り扱って施術を行う事は禁じられており、脱毛サロンは医療行為が認められていないため、レーザー脱毛や電気針脱毛での施術が行われていないのです。

尚、レーザー脱毛はレーザーの光を脱毛する部位に照射させて施術を行う事になりますが、レーザーの光は黒い色に強く反応する性質が在り、毛穴の奥のメラニンに光りが集中し、そこで熱エネルギーに変換されて発毛組織を壊す事が出来ます。

しかし、産毛のような毛に対しての反応が弱いのですが、電気針脱毛は毛穴に絶縁針と呼ばれる脱毛機器を挿入し、針に電流を流すことで発毛組織を破壊出来るため、毛質に関係なく脱毛が出来ると言ったメリットが在ります。

尚、針に電流を流すことで皮膚への影響が在るため、絶縁と呼ばれる電気を遮断させる部分が針についており、針先に在る発毛組織だけに電流が流れるような仕組みになっているのが特徴です。