クリニックの受付会計

医療脱毛の効果と安全性

医療脱毛はエステサロンでの脱毛よりも出力の高い機器を使えるのでより高い脱毛効果が期待できます。

また、確実に毛根を破壊できるのでエステサロンよりも通院回数が少なくてすみますし、施術時間も短時間ですみます。

医療脱毛は施術前に徹底したカウンセリングや肌の状態チェックを行いますし、医師の管理の下で一人一人の体質や状態に合わせて機器の出力を調整するのでエステサロンでの脱毛よりも安全性が高いとされています。

ただし、以下のようなトラブルが起こる可能性もあるので注意が必要です。

医療脱毛で最も多いトラブルは火傷です。

極端に日焼けをしているとレーザーが肌の黒色に反応して火傷を起こしてしまうことがあります。

火傷をしても時間がたてばあまり目立たなくなることもありますが、はっきりと跡が残ってしまうこともあります。

また、レーザー照射によって肌のバリア機能が一時的に失われると毛嚢炎を起こすことがあります。

毛嚢炎自体は2~3週間くらいで治りますが跡が残ってしまうこともあります。

また、レーザー照射をすることでかえって毛が増えたり硬くなったりすることがあります。

このような増毛化や硬毛化の原因はまだ解明されていませんが、レーザーを再照射することできれいに脱毛することが可能です。

むしろ増毛化や硬毛化した方がレーザーが反応しやすくなるので産毛まできれいに脱毛できることがあります。

このようなトラブルはエステサロンでも起きる可能性はありますが、トラブルが起きてもすぐに適切な医療行為を受けられるので医療脱毛の方が安全性は高いとされています。

医療レーザーや絶縁針の特徴について

医療レーザーを利用した脱毛、絶縁針を利用した電気脱毛の事を医療脱毛と呼びます。医療レーザーの光出力は高いため脱毛の効果を高めることが出来ると言った特徴が在りますが、肌へのダメージが...もっと読む